コラム

コラム 95「訪問査定時の資料で勝負を決める」

今日のテーマは

「訪問査定時の資料」について

訪問査定の際は
アプローチブックを持って行くと
思いますが、
その際の資料についてです。

御社にも会社案内がありますよね。
この会社案内ですが、
パンフレットの様に綺麗に出来上がった
会社案内を見せていますか?

「はい。そうです。」

と、お答えいただいた方
チャンスです。
のびしろがあります。

今日からは、
パンフレットの様に仕上がった
会社案内は持って行く程度にして
おきましょう。

その変わり、
アプローチブックに入れて
お客様に説明する会社案内は

【自分で作成した会社案内】

にしましょう。

自分で作成した会社案内?

はい。そうです。

自分で会社案内を作成してください。

デザインはパンフレットの様な
会社案内に負けると思いますが、

中身は勝ちます。

どんな会社なのかは、
ストレートにお客様に伝わります。

どんな会社かお客様に伝わると

お客様が御社に対し、

安心感や信頼感を抱いてもらえる
可能性が上がります。

とてもいい効果があります。

では、

どの様な内容を書けば良いか

については、
また今度お伝えしますね。

ぜひ、会社案内をご自身で
作成してみてください。

執筆者:印南和行
保有資格:宅地建物取引士、一級建築士、AFP

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)