コラム

コラム 25 「身だしなみ 」

不動産業界に従事する全ての人に、
『インスペクションの達人 印南和行 』が知り得た
情報・ノウハウ・スキルをシェアすることにより、
経営者や営業職など各々の役割を問わず、
一人一人が一流のビジネスマン・起業家として
成長されることを願って配信しています。

企業の目的は利益を出すことです。

しかし目的を達成するための戦術、戦略が間違っていては
利益を出すことはできません。

その戦術、戦略を生み出すのに
本当に大切なのはマーケティングではなく、
実は哲学や思考、習慣といった
個々の「マインド」だということが、
幾多の経験の上で感じた正直な実感です。

言い換えるなら、

「ツール」が大切なのではなく
「人」が大事だということです。

業界の第一線からその裏側までを、
僕しか語ることのできない独自の視点でお伝えします。

この業界の異端児的メルマガを楽しんでいただきながら、
あなたのビジネスのお役に立てることを願っております。

売却査定の基本の基本って何かご存知ですか?

実はコレ、【 身だしなみ 】なんです。

「なんだ。そんなの当たり前ですよ。」

という方も多いですよね。

でも、本当にその当たり前をきっちり行っていますか?
会社や店舗単位で、きっちりチェックしていますか?

査定に伺う際の男性や女性の服装を決めていますか?
髪型や爪の長さは大丈夫ですか?

それから、以外とチェックもれが多いのは、
【靴】と【靴下】。
査定では自宅に上がりますよね。

靴が汚れていたり
少し傷んでいたりすると目立ちます。

さらに、靴下がボロボロだったら
お客様に良い印象を抱いてもらえますか?

売却査定の基本の基本は
【 身だしなみ 】です!!

案外いい加減な会社が多いので、注意しましょうね。

私がコンサルや研修をしている会社さんでは、
=====================
ワイシャツの色から
ネクタイの色まで指定しています。
=====================
あっ、ちなみに、
ネクタイの色を決めているのは
その色の方が、効果が高いからです。

みなさんの会社、店舗では、
身だしなみ大丈夫ですか?

そうそう、身だしなみの次は
査定に伺う際の、
担当者や人数も大切なのですよ。

執筆者:印南和行
保有資格:宅地建物取引士、一級建築士、AFP

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)