コラム

売却コラム 16 「仲介事業で集客不要で売上をあげる方法(前編)」

チラシはこちら

今回と次回にわたり、仲介事業で、集客不要で売上をあげるために役立つ情報をお伝えします。
先日開催したセミナーで「集客不要で売上をあげる方法がある」とお伝えしていたところ「集客が不要なんて嘘でしょ!」 というツッコミの一言をいただきました。

なぜ集客が不要なのか理由があります。理由を説明すると参加者の方も
「なるほど!よくわかりました!」 と納得されていました。
その理由とはなんでしょうか。あなたも考えてみてください。

集客が不要な理由をお伝えする前に
「マクドナルドの成功戦略」について聞いてもらえますか。

これは私の実体験なのですが
マクドナルドでハンバーガーとポテトMの注文をしたら満面の笑みのお姉さんに
「ご一緒にドリンクはいかがですか?」と言われました。

最初はドリンクを頼むつもりではなかったのに
「じゃあ、お願いします」とドリンクも注文することに。

さらにお姉さんは満面のスマイルでこう言います。
「でしたら、ポテトMサイズをLに変更しませんか?
 プラス50円だけで変更できますよ。」

(私)じゃあ、Lサイズに変更で。
ハンバーガーとポテトだけ食べようと思っていたのに、ふと気づいたら

・ドリンク
・ポテトLサイズ

が追加されていた。こんな経験ありませんか。私は何度となくあります。

■売上を増やす魔法のことば
ハンバーガーを買いにきたお客様に「ご一緒にポテトはいかがですか?」
というクロスセル。

なお、クロスセルとは「他の商品などをあわせて購入してもらうこと」を意味します。

ポテトの注文を受けたら「あと50円でサイズをLにできます」というアップセル。

ブラボー!!この洗練された営業トークマニュアルがマクドナルドの儲かる秘訣。

ハンバーガーを買いに来たお客様にドリンクやポテトを売る仕組み。
見事な戦略ですよね。

マクドナルドだけではありません。
車のディーラーをみてください。
車を買うときにも、数多くのオプションがありますよね。

「ご一緒にコーティングはいかがですか?」
「スピーカーのアップグレードはいかがですか?」
「シートを革張りにすることもできますよ」等など。

この「ご一緒に○○戦略」を仲介事業にも取り入れたらいいと思いませんか。

でも、どうやって???
仲介手数料には上限規定があるので、仲介手数料自体の金額を上げることはできません。

そこでクロスセルです。
仲介以外のサービスから売上をあげるのです。

あなたは仲介以外にお客様に提案できるサービスをいくつ持っていますか。

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)