コラム

コラム 126「取得率が0から100に変わった理由」

本日のテーマは

取得率が0から100に変わった理由

についてです。

一括査定は毎月費用が掛かるので
成果が出でないと、金銭面では
本当にキツイですよね。

昨年の夏頃に紹介された
宮崎県の会社さんは
売却取得の経験も浅く

何ヶ月も取得率【 0 】でした。

毎月費用ばかり掛かって辛い状況。

全く成果が出ていない会社さんを
紹介頂きました。

8月からコンサルを開始。
4ヶ月目の12月には

専任獲得率65%程度になり
そして1月の今月は

100%だそうです。
(半月程度ですが)

そして、
ほとんどが両手仲介になり
契約書、重説の作成が大変

他にも案内や決済などで

もう手が回らず、
査定をストップしたい

という事まで言う状況に!!

4、5ヶ月間で大きく変わりました。

なぜ、このような結果が出たかを
その会社の担当者と検証してみると

以下の2つが浮かんで来た。

ひとつ目
****************

「ここまでやるのは御社だけ」

と言われる機会が多い
(ライバル会社は売却の戦略なし)

****************

ふたつ目
****************

「会社案内から丁寧」

と言われる事も
(会社案内や自己紹介をする
 会社さんが他にほぼない)

****************

この2つ

ひとつ目の
売却戦略は重要ですよね。
私のアドバイスは常に

【人間味で勝負せず、
 売り方で勝負しましょう】

と伝えています。

売却戦略が差別化です。

ふたつ目の
会社案内や自己紹介
なかなかしないですよね。

した方がいいですよ。

あっでも、
伝える内容に工夫がないと

つまらない会社案内は
聞きたくないし、

まして、

興味のない自己紹介を
聴かせられるのは辛い

と思われてしまうので
注意してください。

執筆者:印南和行
保有資格:宅地建物取引士、一級建築士、AFP

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)