コラム

コラム 125「とりあえず査定書を送ってください。」

本日のテーマは

「とりあえず査定書を送ってください」

についてです。

一括査定を活用していて
やっと電話が繋がり、
お客様から言われた言葉が

「とりあえず査定書を送ってください」

この言葉を聞くと
ガッカリしますか?

「また価格だけ知りたい
売る気のない人かあ」

と思っていませんか?

そして、
とりあえず机上査定を
送付しておくか。

もしくは、

「この人はヒヤカシだから
査定書送るだけ無駄だな」

と思って査定書を送らない。

この様な対応していませんか?

ハッキリ言います!

この机上査定を
いい加減に対応している様では

いつまで経っても、あなたの

【委任獲得率】

は上がりません。

私から言わせれば、机上査定から
委任獲得のスタートなのです。

ここを
しっかり対応するかしないかで
委任獲得率が変わると言っても
過言でもありません。

売主個人の気持ちになれば簡単。

売る気があったとしても
いきなり訪問してもらう
となると抵抗ありませんか?

なぜって?

売主さんとしてみれば

・そもそも売れるのか?
・いくらくらいで売れそうなのか?
・金額次第で売ろう
・どんな会社でどんな人が来るか不安
・家に来て営業されたら怖い

などを考えています。

となると、

まずは机上査定。

という感じになりますよね。

だからこそ、
机上査定からしっかり対応なのです。

そして、その机上査定を
送付する際のポイントは

査定書だけを送ってはダメ。

査定書以外の資料を充実させて
送る方が重要です。

執筆者:印南和行
保有資格:宅地建物取引士、一級建築士、AFP

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)