コラム

コラム 32「訪問査定の前日で勝敗が決まる」

皆さん訪問査定の
前日は何をしていますか?

持参する資料を作成し、
販売戦略を考え、
当日のプロセスを決める

この様な事をしていると思いますが、

上記だけでは、足りません。
ひとつ抜けている事があります。

それは、電話。

訪問査定の予定確認の電話です。

話す内容は、
単純に予定の確認

でもこれは当たり前過ぎます。
実は、これだけでなく

電話で重要になるのは、

==========================
訪問査定に関して、
お客様を気遣う内容を話す
==========================

この内容を伝える事で

【気遣いが出来る営業担当者】

というイメージを抱いて頂きます。

専任媒介を取得した後に
お客様にヒアリングすると

「気遣いが出来る担当者さんなので
 任せても安心出来そうだったので」

という回答を頂く場合があります。

訪問査定の前日に電話。
そして、気遣う内容を話す。

もしも、電話に出られない場合は、
上記内容をメールに記載して
送信するのもベターです。

一度チャレンジしてみてください。

執筆者:印南和行
保有資格:宅地建物取引士、一級建築士、AFP

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)