コラム

口先トークでは専任媒介はとれない


「口先トークでは専任媒介はとれない」

売却査定で他社と競合したとき
どのように専任媒介を勝ち取るか。
 
売主に対して

「当社のほうが高く売れます」
「査定額が当社の高いです」
「仲介手数料割引があります」

 
とアピールする。
  
100社中99社は上記のような話を
しているから売主様は迷ってしまう。

他の会社と同じようなトークを
するだけでは差別化はできない。

 
では、売主に選ばれる会社は
何をしているのか。
 
他の会社とは異なるやり方で
売却査定を行っているはずだ。

そのやり方がどんなものなのか。

残念ながら「勝っているやり方」は
簡単には表には出てこない。
 
なぜなら競合に真似されたくないからだ。
 

「売却査定で勝っている会社の共通点」

 
それは、
 
売主が求めている要求に対して
『具体的に』何をするかを
示しているということ。

 
目に見えるものを提示すること。
 
「信じてください」と口で
いくら言っても無駄。
口先トークでは通王しない。
証拠を見せること。

 
具体的な内容についてはセミナーに
参加された方にお伝えしている。
ご興味のある方は下記から
登録しておけば最新の開催日時を
知ることができる。

今なら無料レポートもプレゼント中。
無料登録はこちらから。

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)