コラム

レインズで稼ぐための2つの鉄則

あなたの会社ではレインズを
どのように活用しているだろうか。
 
・売り物件を探すときに使う
・最新の物件をチェックするときに使う
・査定するときに事例を確認するときに使う
・競合物件の価格を調べるときに使う

 
レインズなしには不動産仲介はできない。

【レインズが最強の情報入手ツール】

 
レインズをどのように活用できるかで
儲かるかどうかが決まる。
 
レインズ活用の鉄則その1
「とにかくスピード」

 
早く新規物件情報を知る。
早くその新規物件情報を紹介する。
早くその新規物件情報に申込みを入れる。
スピードが遅いと、
競合他社にとられてしまう。
他決したら手数料ゼロだ。
すべての作業は無駄となる。

 
買い手側のときには、スピードが重要。
そのため、レインズをチェック
するための事務担当がいると有利。
組織的に大人数でやっている
会社が強い傾向がある。
大手が強い。
 
1人、3人、5人と限られた人数で
戦うのは厳しい。
同じやり方でやったら負けてしまう。
 
ではどうすればよいのか。
 
私の回答は「売却専門になる」だ。
 
レインズ活用の鉄則その2
「専任物件を預かる側になること」

 
専任物件を預かることができれば
主導権を握ることができる。
他の会社からは物件を紹介したいとの
問い合わせが殺到することになる。
どのように売却して手数料を得るかは
あなた次第。
売れれば確実に手数料が入る。
 
では、専任物件をとるためには
何が必要なのか。
大手や他の不動産会社と
同じやり方で売却物件を
取得しようとしていないだろうか。
 
物理学者のアインシュタインは
こう言っている。
 
「狂気とは即ち、同じことを
繰り返し行い、違う結果を期待すること」

 
専任物件を預かるためには
他社と差別化したやり方が必要。

 
少しの差別化ではなく、
圧倒的な差別化。
売主に
「あなたに売って欲しい」
といわれること。
100人中99人の売主が
あなたの会社に売って欲しいと
言われるなにか。
 
もしあなたの会社に圧倒的に
差別化する武器がないのであれば、
私のセミナーに参加することを
おすすめしたい。

※12/3(月)東京※12/5大阪セミナーは満員となったため
12/7追加開催となりました(2018年最後の開催です)

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)