コラム

「売りの仲介」と「買いの仲介」どちらが儲かる?


不動産仲介のことをよくわかっているあなたなら
わかりますよね。答えは「売りの仲介」です。

なぜなら
売れれば必ず仲介手数料が得られるからです。
買いの仲介は、紹介できる物件が決まらなければ報酬ゼロです。

「そんなことわかってるよ。
 売りの仲介をとるのは難しいんだよ!」

はい。その通りです。
多くの不動産仲介会社が売りの仲介をとることを
あきらめています。

なぜ、売りの仲介をとるのは難しいのでしょうか。
私が不動産会社の経営者に実際に聞いた理由としては次のようなものです。

「莫大な広告費をかけた大手にとられてしまう」
「フランチャイズ系の仲介会社の知名度に負けてしまう」
「設備保証などの特典などの差別化するものがない」
「そもそも売却査定の依頼がほとんどない」

確かに普通に営業するだけでは、売却査定は来ませんし
競争する大手やフランチャイズ系の会社に勝つことは厳しいです。

でも、、、、

【差別化できる武器とノウハウがあれば
 「売りの仲介」とれます】

他の会社には真似できない、
売主さんが「あなたに売却を任せます」と
決めていただける方法があります。
 
詳しいことは売却査定で成果を出すノウハウセミナーでお伝えします。
不動産仲介で生き抜くための一生もののスキルを学んでみませんか。

売却査定で成果を出す【集客】ノウハウセミナー

コンサルティングお問合せ

0800-600-0707
営業時間 9:00~20:00(通話無料)